福島市振興公社
寄附のおねがい
賛助会員様一覧
福島テルサ 〒960-8101 福島市上町4番25号 TEL:024-521-1500 FAX:024-523-4115
施設のご案内

こどもたちと、いのちを育むあなたに届ける劇団120〇ENの民話劇
『信夫狐の鴨左衛門(しのぶぎつねのかもざえもん)』
〜にんげんだったきつねと、きつねになりたい女の子〜

親子・保育園・幼稚園・小学生向けの演劇です。

※大人の方もご鑑賞いただけます。

入場無料

※各回先着80名様まで。事前のご予約をおすすめします。
また当日参加も大歓迎です。詳しくはお問い合わせください。

場所

福島テルサ 3階 あぶくま

日時

3月1日(日)
【午前の回】 開場 10:30  開演 11:00  終演 12:00
【午後の回】 開場 13:30  開演 14:00  終演 15:00
※各回 先着80名様まで

ご予約方法

劇団120〇EN ホームページよりご予約いただけます。

劇団120〇EN ホームページはこちら

劇団120〇EN ホームページQRコード

お問合せ

福島テルサ 024-521-1500

あらすじ

江戸時代。
ふたりだけで生きていこうと家を飛び出した、お姉ちゃんの「べに」と妹の「むく」。
ふたりは、信夫山のふもとで、きつねたちに出会います。
自由気ままに生きるきつねになりたいと願う「むく」。

きつねの一匹の、鴨左衛門(かもざえもん)は、それを止めようとするのですが…。

福島市に残る信夫三狐の民話を基に、こどもたちと、いのちを育むあなたに届けるこの街がもっと面白くなる、劇団120〇ENの民話劇

出演者

佐川翔、霜山亜美、国井沙也加、本田真也、増田屋祐介
奈良夏妃、川島ゆかり

スタッフ

脚本・演出:清野和也
助演出: 鈴木優斗
舞台監督:本田真也
総合美術:奈良夏妃
音響:遠藤晃、押切ミチル
照明:齋藤千聖
衣装:川島ゆかり、奈良夏妃
メイク:霜山亜美、押切ミチル
小道具: 国井沙也加
イラスト:安達里実

劇団120○EN(げきだんひゃくにじゅうえん)

劇団120〇EN ホームページはこちら

「福島に住む人々のルーツを辿る演劇集団」として、福島市に伝わる歴史や民話を下敷きにした、福島だからこそ観ることの出来る創作劇を探し、定期的に上演している。震災直後の2011年4月旗揚げ。
夢奏蔵を使った仕事終わりの短編演劇ロングラン公演や、じょーもぴあ宮畑の縄文遺跡をそのまま舞台にした野外縄文劇など、様々なスタイルで公演を行っている。

受賞歴

日本劇作家協会東北支部主催 短編演劇コンクール・東北劇の陣(2018年)
東北王(優勝)/観客賞/審査員特別賞・脚本賞/審査員特別賞・男優賞

神奈川かもめ「短編演劇」フェスティバル2019
全国選抜団体ノミネート/審査員特別賞 渡辺えり賞(那須大洋)

令和2年2月12日