番組・料金

常設投影番組

プラネタリウム はなかっぱ 花さけ!パッカ~ん 宇宙旅行

はなかっぱプラネタリウムポスター表面
©2010 あきやまただし/はなかっぱプロジェクト

ポラリス

ポラリスA4チラシ表
©PLANETARIUM DE SAINT-ETIENNE PRODUCTION

おじゃる丸プラネタリウムスペシャル
銀河がマロを呼んでいる~ふたりのねがい星~  (令和元年9月から)

ももりんと星空であそぼう-夏-

ももりんと星空であそぼう夏

ももりんと星空であそぼう-秋- (令和元年9月から)

ももりんと星空であそぼう秋

もっと!星空のせかい
6月から8月のトピック:月面着陸から50年 月をめざす人々
9月から11月のトピック:日食のふしぎ

星空の世界画像

特別投影番組

はじめてのプラネタリウム

とき☆トワ(令和元年7月・8月)

とき☆トワ

ほっと一息♪プラネタリウム(令和元年7月・8月)

ほっと一息プラネタリウム

スターリーアワー(令和元年9月)
スペースエイジ

令和元年9月スターリーアワー

お仕事あとのプラネタリウム(令和元年9月)
星空探訪 ~オリュンポス神をめぐる天体・探査機ツアー~

令和元年9月お仕事あとのプラネタリウム

マタニティープラネタリウム(令和元年9月)

マタニティープラネタリウム

観覧料について

料金表

区分 個人 団体(20人以上)
子ども(4歳から中学生まで) 100円 80円
高校生及び大学生 200円 160円
一般 300円 240円

※平成28年3月31日(木曜日)を以て、震災復興支援の特別措置による子ども料金の無料化は終了しました。

※3歳以下の幼児は、座席を使用する場合には子ども料金(100円)がかかりますが、座席を使用しない場合には、座席不使用の申し出により無料となります。

観覧料の免除について

「福島市障がい者の利用に係る公の施設の使用料等の免除に関する条例」に基づき、
以下に該当するかたはプラネタリウムの観覧料が免除となります。

  • 「身体障害者手帳」、「療育手帳」、「精神障害者保健福祉手帳」、「指定難病受給者証」等の交付を受けているかた
    ※「指定難病受給者証」とは、指定難病医療費受給者証、特定疾患登録者証、障害福祉サービス受給者証、診断書のことです
  • 「身体障害者手帳」および「療育手帳」においては第一種、「精神障害者保健福祉手帳」においては等級が一級の記載があるかたに対して「現に付き添って介護をしている」かた(1名に限ります)

団体利用について

団体料金でご利用いただくためには、予約が必要です。
手続きはこちらをご参照ください。
>>プラネタリウム団体利用について

なお、福島市内の学校・幼稚園・保育所(園)・少年団体等の団体は、観覧料金が無料となります。
対象の判断についてはお問い合わせください。

プラネタリウムからのおねがい

  • 入場開始は投影開始15分前を予定しております。
  • 投影が始まりますと入場できません。投影開始5分前にはおこしください。
  • ドーム内は飲食厳禁です。飲食物はコインロッカーに入れ、場内に持ち込まれませんようお願いします。
  • 投影中は携帯電話の電源をお切りください。

※プラネタリウム観覧券は、1階インフォメーションにてお求めください。

ピックアップイベント